もう働きたくない!

常識を疑い、固定観念を破壊する――。

努力と才能。正しい方向に必要な量だけ行動して運を味方に付ければ報われる

努力と才能
努力と才能

正しい方向とは。

ここでいう「正しい方向」とは、「適切な目標設定」が出来ているかということです。
「適切な目標設定」が出来ていない場合、それはいくら努力したところで叶わないので「報われない努力」となってしまいます。
例えば、100メートルを3秒で走るだとか、どう頑張っても実現不可能な目標を設定してしまうと徒労に終わってしまいます。
そのため「この目標設定は今の自分にとって現実的なのか」という観点で考える必要があります。

努力とは、将来の自分への投資である。

投資とは将来の成長に期待するものであり、期待どおりに成長すればリターンを得られ、成長しなかった場合は投資額すら回収できない場合もあります。つまり、常に儲かるとは限らないということです。
努力も同じで、努力とは将来の自分への投資であり、必ずしも報われるものではない。という考え方に思考をシフトする必要があります。

「才能」の正体と見つけ方。

誰にでも向き不向きがあり、特段秀でていると(適性がありすぎると)人はそれを「才能」と呼びます。
つまり、自分が向いていると感じている事柄の中から、一番秀でていると思えるものが自分にとっての「才能の種」です。
この向き不向きの話には、好き嫌いは関係ありません。たとえ嫌いであっても、向いていて他者より上手くできれば適性があると言えるのです。
ここで大事なことは、いくら才能があっても何もしなければ何も起きないということです。
才能があっても目標を達成するためには相応の行動が必要です。その行動を努力と呼ぶかどうかは自分の主観と他者の客観に委ねられます。

自分では「努力した!」と思っていても他者から見れば努力とは見做されないなかったり、逆に自分では努力したと思っていなくても他者から見れば「努力してる」と評価される場合もあります。

スヌーピーの名言を思い出せ。

スヌーピーの有名な名言に「You play with the cards you’re dealt …whatever that means.」というものがあります。
日本語に訳せば「配られたカードで勝負するしかないのさ….. それがどういう意味であれ」です。
この名言でいうところのカードとは、努力に則していうなれば、時間、金、周囲の理解・応援、そして運などのことです。
この名言を言い換えば「自分が使える時間、金、周囲の理解・応援、そして運を最大限に使って頑張れ。」ということになります。
人それぞれ置かれている環境は異なります。
自分が使えるカードを最大限、有効に使うしかないのです。

報われなかったとしても、その努力には価値がある。

「報われなければ努力する意味はない」という旨の発言をする人がいますが、努力しないのは勿体ないことだと思います。

報われれば成功で報われなければその努力は無駄という考え方は、0か1かでしか物事を測れないゼロイチ思考の完璧主義者の思考に陥っています。

ゼロイチ思考とは、端的に言えば「結果が伴わなければその過程に意味はない。」という考え方のことです。

この考え方を究極的に突き詰めていくと「どんな人生を歩んだとしても、死という結末には変わりないのだから、その人生を頑張ることには意味がない」となってしまいます。

なぜなら、プロ野球選手として人生を過ごそうが、芸能人やYoutuberとして人生を過ごそうが、ニートだろうが、ホームレスだろうが、どんな生き方をしても死という結末は等しく訪れるのだから、人生を過程と捉えた場合、その人生には違いがない。意味がない。となってしまうからです。

この考え方は非常に危険です。

いずれ「努力しても成功しないかもしれないし、止めておこう」という思考になり、何も出来ない人になってしまいます。

でも、目標を100%達成出来なくても良いんです。

例え目標を100%達成できなくても、20%でも50%でも80%でも良いんです。努力しなければ永遠に0%のままなのだから、その状態と比べれば前進しているわけで、それでヨシと思えることが大事です。

明日の自分が今よりも1ミリでも成長出来ていたらそれでヨシと考えましょう。

iphoneやMacBookで有名なApple社の創設者スティーブ・ジョブズの名言の一つに「Connecting The Dots」というものがあります。
日本語に訳すと「点と点を繋ぐ」です。

どういう意味かというと、「先を見通して点を繋ぐことはできない。後から振り返って繋ぐことしかできない。だから今は、将来何らかの形で点が繋がると信じることだ」という意味です。

ジョブズが言う点を努力に置き換え、この努力がいつか将来実を結ぶと信じるのです。

努力を通じて手に入れたスキルや経験は、きっとどこかで役に立つ瞬間があります。

今の努力が実らなくても、別の場所で花咲くこともあります。

「あのとき努力しといて良かった。」と思える日がきっと来ます。

「今役に立ったから、あのときの努力は報われた!」と解釈しても良いと思います。

成功者は他者に還元すべし。

成功者とは、他者がどれだけ努力しても到達できなかったその境地に辿り着いた者のことです。

成功者は、努力が報われるまで努力し続ける環境に身を置けたことやそれを支えてくれた周囲の人々に感謝の意を表明すべきです。

アメリカでは「成功者は寄付をする」という考え方が根付いています。この話をすると「それは金持ちの節税対策だ」と言う人が絶対出てきますが、それでも良いのです。「やらない善よりやる偽善」とよく言いますが、成功者の本音がどうであれ、その寄付で助かる人がいるのであれば、それで良いと考えたいものです。

境地に辿り着いた成功者にしかできないことがきっとあります。それを果たすことが成功者にとっての使命なのだと私は思いたい。

努力すれば成功するとは限らないが、成功者は皆努力している。